おひさしぶりです。

この2ヶ月本当に近年に無いくらい忙しくて、
よくぞまあ何一つ落とさずやれたなあと振り返っても笑ってしまいます。

 

プライベートでやっている活動で
11月某ネットショップ様から声をかけていただき
苦手な事務手続きをなんとか経て、お取り引きを開始しました。
仕事をしながらなので、本当に大変だったのですが、なんとこのショップ
今の会社でも時々お仕事をもらっておりまして、なんというか…
請求書を書きながら、ああコレ会社のひとも書いているのかなと妙な気分になりました。


社内では、ヒエラルキーの最下層の全くパッとしない私ですが
社外では営業をかけずとも、向こうから取り引きしていただけませんか?とスカウトされるんですよ。スゴいですよね。しかも今の会社では営業かけまくっている会社に...。
そりゃ、金額は全然違いますが、断ってもぜひにお願いしますと言われたんですよ。
いやー10年位かな、活動してきてよかったなーと思います。

そういえば今の会社にいて初めて役に立ったコトがありました。
業界用語が分かる...。デザイナーってだけだったら知らなかった流通の仕組みがわかるようになっていたので、助かりました。
何やってても、身にならない事はないんだなーと改めて思いました。

 

ありがたいことに、すぐに2回目の発注をいただいたのですが
その間に、イベントがあり、友人のコミケ用の DTP作業があり、自分の入稿もあり
本当に、家族には申し訳ない位土日どこにもいけない日々が続いて、やっと一段落の今日(クリスマス当日)です。

どれも、これも詳しく話してもたいして面白くないので割愛しますが
デザイナーとして生きて来た15年間が報われた2ヶ月でした。

私には息をするくらい当たり前のような冊子の DTPも、
普通の人は冊子をデジタルで作る事はなかなか難しいんだなーと改めて思いました。
普段遊んでいても、一体どんな仕事しているのか話す機会もなく、なんとなく手先が器用なひとというレベルだったのですが、さすがに今回は、ありがたがられましてちょっと嬉しかったです。(でも素人さんの原稿はもうカンベン....)

 

10年ぶりの同人誌制作も、すごく楽にデザインが出来てびっくりしました。
私は、自分の為のデザインや販促の仕事なんかが一番苦手だったのですが、
今回は変に肩の力を入れなくても、できるようになってて、
必ず納期に間に合わせるという事が、昔よりさらに楽にできるようになってるんだな。と感じました。(仕事とはやっぱり違うんですけど、金出す私を納得させる私の折り合いが付けやすいというか 笑)

 

改めて、デザイナーは生き方だと思う。

何をやっていても、どんな会社にいても、与えられた仕事だけをこなしていたり、
漫然と日々を過ごしているのでは、デザイナーとして生きているとは言いにくいんじゃないかな。と隣のデザイナーを見てすごく思ってしまう。
5年以上今の会社にいても楽だから。に流されて何一つ新しい事にチャレンジできてない。(服装や体重もすら変ってない...)
昔よりデザインはできるようになった自覚がある。と自信満々で言っているけど、レベルの低いメーカーじゃ自己満足でしかない事を、新しい世界を知らないので気がつかない。すごく心配になる。


手取り14万で暮らしていけるのはすごいと思うけど
それじゃ、新しい事にチャレンジするのは難しいよね。
私もこの会社に入って給料ガタ落ちになったら、
やっぱりプライベートは採算考えて動くようになってる。
貯金ができたら儲からないけどやってみたいことに使おうと、
昔に比べたら随分保守になってる。

でも、若いうちは色んな事にチャレンジしていかないと、
先が細くなるばかりだとすごく感じる。
過去の遺産で生きてるなと思う。

 

興味がある事に出来る限りチャレンジしていってください。
そのときはよくわからなくても、後に必ず力になります。

 

労デザイナーは思います。

 

まだちょっと忙しいので、上手く伝えられてないな。と思うのですが
このままエイッと公開してしまいます。

 

読んでくれてありがとう。